腎臓病の食事療法で改善|病気の進行を抑える

汗を拭く老夫婦

老廃物の蓄積を防ぐため

doctor

腎臓病になると、老廃物が排出されにくくなります。そのため腎臓病の食事療法では、たんぱく質や塩分の少ない、薄味の野菜料理がよく出されます。たんぱく質や塩分の摂取を控えると、体内では老廃物が蓄積されにくくなるのです。また、エネルギー不足を防ぐために、でんぷん食品もよく利用されています。

読んでみよう

病食宅配サービスの活用

elderly

腎臓病には食事療法が効果的で、栄養成分をコントロールする必要があります。毎食の取り組みには大きな労力が必要となるので、病食の宅配サービスを利用するのもテクニックです。腎臓病食の取り組みは、携わる人も知識が得られます。人気の理由は、宅配サービスの登場で食事療法を継続しやすくなった点があげられます。

読んでみよう

一番効果的な治療法

面倒なカロリー計算や塩分量は、専門業者に任せましょう。腎臓病は食事療法次第で大幅に改善します!様々なサービスを比較することができますよ。

早期の対策が大切

腎臓病は、腎臓の糸球体や尿細管が冒され、機能が悪化する病気で、機能はいちど低下すると回復することが難しい慢性腎不全になる場合が多く見られます。近年医療技術の発展により、早期発見・早期治療を行えば、腎臓機能の低下を遅らせたり、機能を維持することが可能となってきました。初期の腎臓病においての有効な治療法として、病状の進行を遅らせることが主な目的である食事療法があります。実は、食事療法は腎不全唯一の効果的な治療法といっても良い方法です。腎機能が低下すると、尿素やナトリウム等の体内に悪影響を与える物質の排泄も弱まることが原因で様々な症状が出ます。だるさやむくみ、高血圧、夜間の尿の量が増えるなどの症状が現れます。

主治医や栄養士の協力で

腎臓病の食事療法は、尿素やナトリウムが体内にたまる原因となる、たんぱく質や塩分を必要最小限の接種に制限する治療法です。食事療法において、たんぱく質を摂り過ぎないことは大事ですが、同時に食事のエネルギー量を十分確保することも重要です。食事において、たんぱく質を制限するとエネルギーが不足してしまうことが良く起こります。エネルギーが不足の状態でたんぱく質を制限すると、自分の体内のタンパク質を分解して利用してしまうので、結果的に老廃物が増えることになってしまいます。また、食事療法は自分参考書などを見て取り組むことはできるのですが、自分の力だけでは難しいです。特に塩分の制限は思った以上に辛いので、必ず主治医や管理栄養士の指導と家族のサポートを受けて、腎臓病の食事療法に取り組みましょう。

腎臓に良い食事を心がける

woman

腎臓病の進行を抑えるためには食事療法はとても効果的です。塩分、たんぱく質、カリウムなどの制限が行われるので毎日の食事の用意には気を使いましょう。市販の腎臓病食、宅配食なども活用すればより食事制限が楽になります。

読んでみよう

Copyright©2015 腎臓病の食事療法で改善|病気の進行を抑える All Rights Reserved.